碧水会・嘉田由紀子参議院議員に陳情アクションメンバーが直接お話を伺いました(2020/2/14)

未分類

2020/2/14、衆議院第二議員会館にて行われた当会主催の「選択的夫婦別姓・超党派勉強会」において碧水会・嘉田由紀子参議院議員に直接お話を伺いました。

陳情アクションメンバー
『私達は自分の住んでいる自治体に陳情を行い、地方議会から国会へ意見書を送るという活動をしていますが、どう思われますか?』

碧水会・嘉田由紀子参議院議員
『多くの当事者の声は説得力があります。
東京や神奈川などの都市圏域からは離れた地方から出すこともインパクトがおおきいと思います。』

碧水会 嘉田議員・永江議員

クラウドファンディングタイトルでもある「#自分の名前で生きる自由」を陳情アクションメンバーと一緒に掲げてくださいました。

また選択的夫婦別姓についても

「選択的」であり、夫婦で相談をして選べる制度を認めようということです。文化人類学で日本各地の家族や世界の家族関係を研究してきた経験者として、そもそも夫婦が同じ姓を名乗るのが伝統とはいえません。日本各地には多様な庶民の家族文化があったが明治31年の明治民法で士族の伝統である「家制度」を庶民におしつけたもので、夫婦同姓の義務化や、今、私たちが取り上げている離婚後の片親親権など、時代の要請に合わなくなった条項がたくさんあり、今こそ民法の大幅改正が必要です。』

と、お考えを共有いただきました。

嘉田由紀子参議院議員、お忙しい中
当会主催の「選択的夫婦別姓勉強会」にお越しいただき誠にありがとうございました。

投稿担当:Y