全会一致!文京区議会で選択的夫婦別姓についての国会審議を求める請願が採択

選択的夫婦別姓ニュース

2019年3月1日、東京都文京区議会本会議で「選択的夫婦別姓制度について国会審議を求める意見書を国に提出することを要望する請願」が採択されました。自民党含めすべての会派から請願の紹介議員が出てくださり、全会一致での採択です。

私たちの困りごとに耳を傾け、解決に向けて行動してくださった自民党・海老澤敬子幹事長、名取顕一議長、森守区議、山田ひろこ区議はじめ自民党区議団の皆様、公明党・岡崎義顕幹事長、田中香澄区議。そして紹介議員に名を連ねてくださった未来・海津敦子区議、まちづくり・藤原美佐子幹事長、市民の広場・浅田保雄幹事長、共産・板倉美千代副幹事長など、すべての文京区議の皆様に、心から感謝申し上げます。

文京区議会のサイトにも掲載されていますが、こちらが請願の全文です。

請願理由
最高裁判所は 2015 年 12 月、夫婦同姓規定自体は合憲と判断しましたが、同時に選択的夫婦別姓制度について「合理性がないと断ずるものではない」と言及し、制度のあり方について「国会で論じられ、判断されるべき」と国会に委ねました。

それから3年。さらに夫婦の姓をめぐる環境は大きく変化しています。
平均初婚年齢は年々上がり、現在 30 歳前後。男女ともに生まれ持った氏名で信用・実績・資産を築いてから初婚を迎えるケースが多いため、改姓時に必要な事務手続きは確実に増えています。戸籍姓でのキャリア継続を望むゆえに事実婚を選ぶ夫婦も少なくありません。また少子化により一人っ子同士のカップルが増えたことで、「改姓しなくていいなら結婚したい」という声も聞かれます。さらに人生 100 年時代、子連れ再婚や高齢になってからの結婚・再婚も増加傾向にあります。

選択的夫婦別姓制度の導入は、「家族で同じ姓の方が一体感が深まる」と考えるカップルが引き続き夫婦同姓で結婚できる一方で、必要なカップルは夫婦別姓を選べるようにするものです。これは男女が改姓による不利益を案ずることなく結婚・出産し、老後も法的な家族として支え合える社会につながります。少子化対策の一助ともなるでしょう。
また法的根拠のない「旧姓併記」がこれ以上広がることによる社会の混乱、例えば災害時の本人確認など2つの「姓」を使い分けることによる混乱や、事実婚増加による婚姻制度の形骸化も防ぐこともできます。さらに法的根拠のある生まれ持った氏名でキャリア継続できることから、「女性活躍」の推進にも寄与すると考えます。

以上の観点から、男女がともに活躍できる社会実現のためにも、選択的夫婦別姓について国会で審議するよう求める意見書を、国に対して提出いただきますよう要望します。

請願事項
1 選択的夫婦別姓制度について国会審議を求める意見書を、文京区議会から国に提出してください。

請願者は、選択的夫婦別姓訴訟の原告でもあるサイボウズ社の青野慶久社長、そして毎日新聞記者の小国綾子さんです。2人の文京区民に今回の採択についてコメントをいただきました。

青野慶久さん(中央)、小国綾子さん(右)。文京区議への請願の協力依頼のため、文京区議会を訪ねた日に撮影

青野さん
文京区議会のみなさんの英知、勇気、そして困っている人たちを見捨てない優しさに深く感謝いたします
 
小国さん
憲法に定められた「請願権」を生まれて初めて行使してみて痛感したのは、暮らしている街で声を上げることの大切さと、国を動かすことの難しさ、でした。今回は無事採択されましたが、採択か不採択かの結果だけがすべてではないように思います。例え、採択に至らなくても、声を上げることで「別姓を選べるようにしてほしい」という一人ひとりの思いを可視化できるからです。いろいろお力添えくださった皆さん、ありがとうございました。

小国さんは請願者になるまでの思いや採択までの出来事を、2019年3月2日の毎日新聞で記事としてまとめられました。

“請願権”行使してみた 不思議な爽快感 夫婦別姓意見書提出「全会一致」採択

“請願権”行使してみた 不思議な爽快感 夫婦別姓意見書提出「全会一致」採択  - 毎日新聞
 「ご異議なしと認めます」。東京都文京区議会本会議で1日、選択的夫婦別姓制度について国会審議を求める意見書の提出を要望する請願が全会一致で採択された瞬間、なんだろう、不思議な爽快感があった。請願者はソフトウエア開発会社「サイボウズ」社長の青野慶久さんと、私。この意見書1通で国が動くなんて思ってはいな

区議へのプレゼンでしっかりと困りごとを受け止めてもらえたこと、アドバイスを受けながら文面を作っていったことなど、詳細が綴られています。

回った先の会派もみな、応援してくれた。「うちの妹が今旧姓を通称使用していてやっぱり不便だって……」「うちの知り合いも国際結婚で別姓なんだけど、夫婦とても仲いいのよ」。行く先々で多くの区議からそんな話を聞かされた。今や別姓問題は、身近な生活上の困りごととして、イデオロギーを超えて連帯できるテーマなのだと手応えを感じた。

2月26日の区議会総務区民委員会では、自民党区議が自ら「選択的夫婦別姓というのは、今の“同姓”を否定するものではない。同姓も、別姓も選べるようにするという制度で、すでに国で長い間議論されてきた問題なんだ」と力説してくれたそうだ。

改めて、現状の問題点はイデオロギーではなく「生活上の困りごと」だと理解し、サポートしてくださった文京区の議員さんたちに感謝申し上げます。

選択的夫婦別姓=選択的夫婦同姓です。同姓を選びたい人は改姓後の氏名で生きることができ、生まれ持った氏名を変えたくない人は生涯変えずに生きることもできる。その選択肢を与えるだけで、だれもが公私ともに一人一つの名前で生きられるようになり、社会的な混乱が防げます。何より、姓が理由で結婚できないでいた人たちが法的な家族になれるのです。

文京区の区議さんたちは、「こんな困りごとがあったんですね」「明るい未来を見せてくれれば、賛成しない人、いないんじゃないかなあ」「選べれば、女性がもっと活躍できますよね」と、共感してくださいました。子どもの姓が違うと困るのでは?という区議さんには、こちらの記事をお渡しご説明したところ、「なるほどねえ」と理解してくださいました。

親が夫婦別姓、子どもの本音を聞いてみた「困ることはない。以上」

親が夫婦別姓、子どもの本音を聞いてみた「困ることはない。以上」 - withnews(ウィズニュース)
 ツイッターなどSNS上で選択的夫婦別姓の議論になると、夫婦の名字が違うことで「いじめられる」「子どもがかわいそうだ」という意見が反対する人から出てくることがあります。本当にそうなのでしょうか? 父母の姓が違う1995年生まれの子どもたち3人に体験を語ってもらいました。出てきたのは「勝手にかわいそう

小国さんの記事の結びに、地方自治に詳しい龍谷大政策学部教授、土山希美枝さんの言葉がありました。

地方議会からの一意見書は国をすぐには変えないかもしれない。でも、意見書は市民の提起を『これが私たちの意思です』と可視化できるものです。積み上げていくことには必ず意味がある。

自分も「意思」を示したいと思われた方は、選択的夫婦別姓・全国陳情アクションにご参加ください。お待ちしています。

メンバー登録はこちら

そして3月14日づけで国へ送られる意見書が完成しました!区議会から請願者である青野さんにお送りいただいた文面がこちら。請願の文章が反映された内容です。

文京区議会公式サイトに公開された意見書全文。ほぼ請願の文章をそのまま採用してくださっています。

選択的夫婦別姓制度について国会審議を求める意見書

 最高裁判所は 2015 年 12 月、夫婦同姓規定自体は合憲と判断しましたが、同時に選択的夫 婦別姓制度について「合理性がないと断ずるものではない」と言及し、制度のあり方につい ては、「国会で論じられ、判断されるべき」としました。

 それから3年が経過しましたが、夫婦の姓をめぐる環境は、さらに大きく変化しています。 平均初婚年齢は年々上がり、現在 30 歳前後です。男女ともに生まれ持った氏名で信用・実 績・資産を築いてから初婚を迎えるケースが多いため、改姓時に必要な事務手続きは確実に 増えています。戸籍姓でのキャリア継続を望むゆえに事実婚を選ぶ夫婦も少なくありません。 また、少子化により一人っ子同士のカップルが増えたことで、「改姓しなくていいなら結婚し たい」という声も聞かれます。さらに人生 100 年時代、子連れ再婚や高齢になってからの結 婚・再婚も増加傾向にあります。

 選択的夫婦別姓制度の導入は、「家族で同じ姓の方が一体感が深まる」と考えるカップルが 引き続き夫婦同姓で結婚できる一方で、必要なカップルは夫婦別姓を選べるようにするもの です。これは男女が改姓による不利益を案ずることなく結婚・出産し、老後も法的な家族と して支え合える社会を実現することにつながり、少子化対策の一助にもなります。

 また、法的根拠のない「旧姓併記」がこれ以上広がることにより生じる、災害時の本人確 認など、2つの「姓」を使い分けることによる混乱や、事実婚増加による婚姻制度の形骸化 を防ぐこともできます。さらに、法的根拠のある生まれ持った氏名でキャリアを継続できる ことから、「女性活躍」の推進にもつながります。

 よって、文京区議会は政府及び国会に対し、男女がともに活躍できる社会実現のためにも、 選択的夫婦別姓について審議するよう求めます。

 以上、地方自治法第 99 条の規定により意見書を提出します。

 平成31年3月14日

文京区議会議長 名取 顕一

内閣総理大臣 安部 晋三 様

総務大臣 石田 真敏 様

法務大臣 山下 貴司 様

衆議院議長 大島 理森 様

参議院議長 伊達 忠一 様

議事録も近く公開されたら、またご報告します!

コメント