2019年9₋10月定例会で審議があった地方議会

2019年9月~10月は11件の意見書が国へ

当アクションの活動により、2019年9月~10月定例会では11件の本会議採択があり、大阪府議会、大阪市議会からも意見書が国に送られました。

10月25日、大阪府議会でも意見書採択!都道府県で全国4例目

8月4日に府議会で勉強会を開いてくださった大阪維新の会主導で、意見書を通してくださいました!選択的夫婦別姓賛成の意見書を通した都道府県議会は、千葉、岩手、三重に続き、4例目です(陳情アクション調べ)。吉村府知事も発信してくださっています。

維新の会の皆様ありがとうございました!

採択された意見書はこちら

10月25日、大阪市で意見書採択。政令指定都市に広がる活動

9月24日に市議会で勉強会を開いてくださった大阪維新の会主導で、公明党とタッグを組み意見書を通してくださいました!私たちの活動から、政令指定都市として3例目の採択です。

「選択的夫婦別姓制度の法制化に向けて議論の促進を図るとともに、関連法令の審査を積極的に進めることを強く要望する」との文言が入っています。

維新の会の皆様、ありがとうございました!

メディアでも掲載されました。

大阪市でも可決!-夫婦別姓を認める法律の制定について議論を進めるよう求める意見書

 

 

採択された意見書はこちら

10月17日、東京都世田谷区で意見書採択。区長も発信!

2019年3月にメンバーが陳情を出したものの継続→廃案。4月の統一地方選挙でリセットされ、新たなメンバーが働きかけを行っていた世田谷区。

立憲民主党勉強会、公明党勉強会を開催していましたが、陳情や請願によらず議員提出議案で意見書が審議していただき、10月17日、めでたく賛成多数で意見書が採択されました。自民党以外の議員の皆様全員が賛成に回ってくださいました。

選択的夫婦別姓訴訟で、東京地裁に対し、民法改正を支持する立場での意見書を出してくださっていた世田谷区の保坂区長も喜びのツイートをしてくださっています。

採択された意見書はこちら

10月11日、東京都板橋区で全会一致採択

2018年12月から相談に伺っていた板橋区議会で全会一致採択!妻氏婚で改姓し、海外出張の際などに本人確認で支障が生じるなど、困りごとを抱えていた男性メンバー。そして新たに妻氏婚で婚約していたものの、夫側両親の反対で結婚できないでいたカップルがメンバーに加わりました。

各党に当事者として困りごとを伝えて回ったところ、自民党含めいずれの会派もご理解くださり、賛成に!改めて「当事者の困りごと・想いを伝えることの大切さ」を感じた採択でした。

採択された意見書はこちら

10月7日、沖縄県初㊗うるま市で意見書採択

2018年11月に参加した沖縄メンバーがたった一人で活動を始め、支援者を増やし、全会派を丁寧に回って勉強会を行った結果、野党議員2人のみ反対という圧倒的な賛成多数で意見書を国に送ることができました。彼女の頑張りを連続ツイートにまとめました。

沖縄県初ということでメディアも多く取り上げてくださいました。メディア紹介まとめもご覧ください。

採択された意見書はこちら

10月3日、安芸市議会で2010年に果たせなかった悲願が採択

2010年には多くの選択的夫婦別姓に関する意見書(賛成も反対も)の動きがありました。9年前否決されていたリベンジを果たしたのが高知県安芸市議会です。陳情アクションもあきらめず、着実に1件1件採択を重ねていきます。

9月30日、東京都小平市議会で全会一致採択

当アクションの働きかけにより、公明党・津本裕子幹事長が軸となって2つの議員提出議案を審議、全会一致で採択されました。立憲民主党・竹井ようこ議員にもお力添えいただきました。

9月27日、新潟県新発田市議会で全会一致採択

陳情アクション外でもどんどん採択が続いています。詳細はツイートにまとめました。公明党渡辺喜夫議員の発議により、全会一致だったそうです。↓

9月24日、埼玉県吉川市議会で全会一致採択

陳情アクションにお声がけいただき、議員提出議案にて意見書を提出くださった濱田美弥議員の働きかけにより、日本会議系議員も賛成してくださったとのこと。経緯は以下の連続ツイートよりご覧ください。

9月20日、埼玉県草加市議会で全会一致採択

8月11日の勉強会にご参加くださった佐藤憲和議員が一般質問を経て、議員提出議案にて意見書を発議してくださいました。一般質問では市と市長に詳しく現法の問題点を聞いてくださったことも大きく影響し、全会一致採択となりました。

採択された意見書はこちら

9月20日、茨城県龍ヶ崎市議会で全会一致採択

チーム茨城3人の働きかけによる県内4件目の採択です。今回も全会一致でした。経緯は以下の連続ツイートからご覧ください。

龍ヶ崎市の審議結果はこちら

仲間大募集!

ご登録フォームよりメンバー登録してください。

メンバー登録はこちら

※ご希望の自治体に当アクション参加メンバーがすでにいれば、事務局がおつなぎします。

どの自治体が対象?

上の自治体と、下の「陳情提出済み」「意見書可決済み」を除く全部の自治体です!「選択的夫婦別姓、導入してほしい!」と思っているあなた自身が動くことで、また一歩実現に近づきます。

神頼みでも、裁判頼みでもなく、あなた自身が発信できる問題です。法改正を求める意思を国会に示してみませんか?

コメント